商材の豊富さや独自の配送システム
会社の強みを下支えする仕事

業務の仕事は、営業が受注してきた商品をメーカーや仕入れ先に発注し、納品された商品を確認、現場へ出荷するため配送の手配をするまでが基本的な仕事の流れです。業務の中で気を遣うのは、まずは商品の確認作業ですね。品番と商品が合っているか、数量は間違いないか、さらに傷がついてないかを念入りにチェックします。当社の強みの一つは商材の豊富さですが、扱う商品が多いということは、その分、間違い起きやすいため確認作業がとても重要です。また、独自の配送システムがあることも当社の強みですが、納品先の現場や交通状況にはトラブルが起きることもあります。そうした連絡や問い合わせに一つひとつ対応していくことは大変ですが、やはり重要な仕事です。ですから、私が仕事で気を付けているのは、いわゆる報・連・相ですね。社長からも常々言われていますが、報告し、連絡して相談する、そして対処法を考える。これができる風通しのよさも当社の良さ、強みだと思っています。


嬉しいのは社員からの感謝の言葉
人間関係の良さも大きな魅力

業務の仕事は、お客様と接するというより、営業からの要望と配送からの要望をつなぐ社内の連絡役という役割です。ですから、やりがいを感じるのも、営業の要望通りに仕事が運んで「ありがとう」と言われた時や、現場で困っている配送の問題を解決して「助かった」と言われた時など、社内の人から感謝された時ですね。ある意味、縁の下の力持ちですが、表で働く営業を支えるこの仕事がなければ、お客様との信頼関係を築くことはできません。お客様のニーズや情報を社内で共有し、団結してお客様の要望に応えられるようにする。そのためには、なくてはならない仕事、大切な仕事だと思って日々務めています。その一方で、私も社内の人たちに助けられることがあります。入社当時、配送の入力ミスで迷惑をかけたことがあったのですが、その際、配送の人たちが協力してミスをカバーしてくれたんです。それは本当に助かりましたし、嬉しかったですね。これも、社内の人間関係がいいからこそだと思います。


直近ではフォークリフトの資格取得
将来的には人材の活用法も考えたい

近いところでの目標はフォークリフトの免許を取ることですね。実は今年の目標として新年会で発表したんですが、町内会の仕事で実現できなかったんです。ですから、今年こそは取りたいですね。遠い目標としては、まだ漠然とですが、社内の人材の配置とか活用について考えたいと思っています。そもそもフォークリフトの免許を取得しようと思ったのも、倉庫管理と在庫商品の管理を担当している社員が休みをとった際、他にフォークリフトを扱える人がおらず、困ったことがきっかけ。それと同時に、フォークリフトの免許だけでなく、そこで働く社員の人数や年齢についても、今後、考えていく必要があるのではないかと思ったのです。倉庫管理は業務の仕事にも直結しますし、多くの在庫商品を持つ我が社にとっては重要な仕事。社内基盤を盤石にするためにも、将来的には考えていきたいと思っています。