業務部での15年を経て営業職へ転向
先輩や社長の後押しもあって決意

私がナカネ新建材に入社を決めた一番の理由は、ずばり、会社の雰囲気の良さです。いろいろな会社を受ける中、緊張して会社を訪問している私に、「頑張れよ」などと、社員の方が気軽に声をかけてくださったことがとても嬉しく、受け入れようという気持ちがとても伝わってきたのです。これはとても印象に残りましたね。
実際入社後も、会社へ行くのがとても楽しかったですし、そういうフレンドリーさ、人間関係の良さは、今も変わらないと思います。そして、業務の仕事を15年程経験した後、自ら希望して営業へ。
きっかけは、店頭でお客様に対応した際、商品についての質問に答えられなかったことでした。お客様にもっとうまく商品説明ができたらと考える中、もともとしゃべることが嫌いでなかったこともあり、それならいっそ営業職に、と思うように。
社内で相談したところ、先輩からは「やるなら今だよ」と後押しされ、社長からは「お前ならできる」と言われたことで決意しました。


人柄で勝負するのが渡辺流の営業
そのために次へつながる宿題を作る

営業に転向して5年になりますが、個人的には業務の仕事よりも楽しいですし、やりがいも感じていますね。特に受注できた時には「やった!」という気持ちになります。
半年とか1年近く営業し続けた結果、受注できて、さらにそれが軌道にのった時や、最近では、会社命題の新規開拓で、足しげく通った工務店さん一気に2件の受注をいただいた時などは、本当に嬉しかったですね。
うちの営業には、商品知識や提案力も大切ですが、私自身、最後は人柄とか人間性の勝負だと思っています。簡単に言えば「ナカネの営業、感じがいいから見積もり取ってみるか」ということです。
そのためには担当者と仲良くなること、親近感を持ってもらうことが必須。そして、何度も顔を出すことが大切になりますが、私の場合、次の訪問がしやすいよう、必ず宿題をもらってくることを課題にしています。例えば、「カタログが古いので、次回、新しいのを持ってきますね」という具合。
これは自分には得意分野がないゆえの工夫で、今も続けていることです。


目標は売上ナンバー1になること
一目置かれる存在になりたい

私が仕事をする上で大切にしているのは、常に笑顔と大きな声で挨拶・返事をすること、身だしなみに気を付けることです。
基本中の基本ですが、やはり「こんにちは」とか「いらっしゃいませ」と大きいな声で言われれば、気分がいいですよね。ちなみに、会社でも入口に一番近い位置に座っているので、社長からも挨拶担当だと言われています。
そして、私自身が目標として常に掲げているのは、売上No.1になること。営業になった時、3年目までに売上3位に入るという目標を立てたのですが、残念ながら達成できませんでした。ですからこの目標はぜひ達成させたい。取扱商品も多く、覚えることもたくさんありますが、得意分野を1つでも2つでも増やし、同僚、ライバル会社、得意先からも一目置かれる存在になりたいですね。
さらに10年後であれば、役職にも就き、売上では常にベスト3をキープしつつ、部下を指導できる立場になっていたい。取引先もどんどん部下に任せ、指示する立場には立っていたいと思っています。